2014年05月09日

手を動かすこと。。。

お年寄りが手を動かして、脳の活性という話ではありません。
息子が、高校3年の時に良く言っていた言葉です。「手を動かすこと」=「演習問題を解く」ことなんだそうです。高校3年とものなると同級生達は、予備校に通う子も結構いました。息子も受験勉強の足しにしたいといいつつも、実は「大教室で授業を受けるなんて嫌だ」と言うのです。「へー、どうするの?」と聞くと「個別が良い」と言うのです。それも家から近くが良い。
まーた、予備校が近くまで歩いて来てくれるわけないじゃん!となり、中学生の時に通っていた塾に電話して、「大学受験の子見てくれます?」と尋ねると。一度、面談しましょうと言って下さり、微妙な成績表を抱えて出かけていきました。こういう塾ですと科目を見れる担当者(バイトが多い)がいるか、いないかによります。予備校も個別指導をしているところがあるのですが、何分近くにない!結局、近くの塾で英語だけ見て貰う事になり、しばらくして、数学も担当者ができたので追加しました。
ココが良かったのは、普段使っている参考書、問題集を持って行って、「ここがワカリマセン」という個所を重点的に見て貰えるということだったと思います。息子の「手を動かす」ために、息子の「ワカラナイ」ところをワカルようにしてもらえたと思っています。そんなわけで、息子のようなタイプは、授業形式でどんどん進み、わかったような気になって、帰宅すると寝ておわるのでは、力がつかなかったのだろうなと思いました。このあたりは、性格によるのです。息子の同級生は、予備校に通ってグーンと伸びた子もいるので、何が良いのかはその子に依存するのです。その同級生には、受験勉強の相談をよくしていたようです。ここで、予備校のデータ力のおこぼれをいただいていたのでしょうね。
その友達は、今でも同級生なんですけれどね。大学ともなると高校の同級生も学部が違ったり、学科が違ったりで、会うことも少ないようですが、大切な友達なのです。
posted by まっち at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

デパート友の会

デパートで買い物をするなんて、何年も遠ざかっていました。ネットで買い物をすませていました。
ところが、数年前から娘の制服の指定店がデパートなので、友の会に入りました。それが、2011年12月のことだから、3度の満期を迎えました。使命は制服購入だったのですが、高校入学の大口買い物が済むと段々まっちの洋服購入に振り向けられました。きっと、デパート側もそれが狙いなのでしょうね。。。
たまたま、まっちの買いたい洋服屋さんがテナントで入っていたので、どうせなら、友の会で貯めたポイントで払う方がお得かなと思って、ポチポチ貯めています。デパートの方のお話しでは、一番高いコースに何口も入って満額になったら、ヴィトンのカバン等を購入される方もいらっしゃるとか。ほー、そんな使い方もあるんだと感心したり、何口も毎月払うだけ金銭的余裕があるということにも感心してますです。
カウンターに行くと夫婦で熱心に説明を受けている方もいらしゃって、世の中景気が良くなりつつあるんかなと思ってみたりします。まっちの給料はあがりそうにないけどね。
posted by まっち at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。