2012年04月10日

子ども部屋 片付け

子どもは毎日抜き作業なんてことはしません。中学、高校ともなると毎日プリント類が何枚かずつ配られてきます。最近の教科書はライし、ノートに書くというより先生が用意したプリントに書き込んでいくようです。したがって、教科別にプリントを順番にファイルしていくことがテスト対策にもつながります。直前になって「プリントがない!」という事がないように。ホルダー式の立派なファイルでなくて、クリアホルダーに順番に入れていくだけでも良いようです。
子ども部屋から抜く物は、業者からの案内とか親にやってくるプリントです。これもさっさと親に渡してくれば良いのですが、机に積んだままになって、「ありゃー」とかになる程溜まります。親もプリントが手許に来ないので何がおきているか、いつ学校へ何を出すとか、買うとか知らないまま過ごします。夜、布団に入ってからとか、朝、忙しいさなかに「お金」とか言ってくることがあります。これは回避したいね。
高校になると業者からの大学受験関連の資料も大量に届きますので、さっさと要る?要らない?と確認して抜いていくと年に1度の大掃除で大量にゴミが出ていくこともなくなると思います。ただし、まっち家は、大掃除型です。。。子ども部屋、プリント抜き仕事とか、衣類抜き仕事とか、本抜き仕事とかすれば要らないものは減っていくのでしょうね。
posted by まっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 片付け隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

子ども部屋 教科書どうしてる?

片付け隊では、自分の物が対象で子ども部屋は、お子さん自身が抜き仕事をすることになっています。
パパさんの荷物を入れる場所を確保するために、息子(高3)の部屋の大掃除をしました。これ使う?使わない?と言いながら、ベッドの下の収納には、漫画(これは抜けません)なぜか中学の時の教科書が。
教科書って学年が変わったばかりの時は、持っておこうと思うのですが、1年後、うちのように2年丸々経ってから、結局使う事なかったんだなぁと思って、一挙に抜いたりすることがよくあります。
中学の教科書は、高校にあがると自治体によって違うので、やっぱり要らなかったわで終わりですが、進級などでは、学年が変わったら即捨てるのはね。ちょっと心配。高校について言えば、1年の途中で数学Uの教科書を持ち始め、2年の途中で数学Vの教科書が登場。大学受験のためには全部要ります。もっとも、使っているのは参考書タイプの問題集がメイン。
そんなことより、学校で配られたプリントは即科目毎にファイルしてほしいぞ。今回はわんさかプリントが処分されてました。床から荷物が消えるのって爽快
posted by まっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 片付け隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

片付けの効用

ごん師匠の片付け隊は2日めリビング抜き仕事でしたね。定期的に抜き仕事をするとすっきり生活が営めるようです。サボるとてきめん乱雑になるのがリビングです。まるで心のお疲れを表しているような感じがするから不思議です。
昨日は、全国で春の嵐でしたね。まっちは、会社から午後には「早めに帰宅する」ようにとの指示が出たので早々に帰宅しました。午後の早い時期は雨もあまり降っておらず、風も強いなぁ程度でしたが、家族全員帰ってくるまでは落ち着きませんでした。娘の部活がなくて幸いでした。大きな被害が出たところがあるようですが、皆さま大丈夫でしたか?
ここのところ、引っ越し荷物の整理のために、押入れ、引き出しから全部出して整理しましたところ、行方不明の通帳が見つかりました。昨年の冬期講習の時も学校の給食代等を引き落としていた通帳を発見!(地元の信用金庫とか普段使わなくなる通帳はよく行方をくらまします)卒業して清算されていたので結構な残高がありました。通帳はもともと自分のお金を預けているものですから、家計が豊かになるわけではありませんが、忘れてない物と思っていたお金が出てくるようなものですから、得した!という気になるんでしょうね。書き損じ葉書の束を発見して郵便局で切手に交換してもらったのも、この片付け隊のお題で見つけてからなのです。

posted by まっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 片付け隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。