2013年02月28日

大学受験 その3

大学受験の場合、人によりますが複数校受験しますし日程もバラけています。受ければ、結果が気になるもんですが、合格発表までに別の学校の入試があるので、いかに頭を切り替えて次の試験に臨むかがカギとなります。頭ではわかっており、親が声をかけても、本人が一番大変な時ですので、なるべく普段通りにしていました。何校か受験がすすむうちに、一番最初の合格発表が。。。

最近の合格発表は、ネットで確認できますので、またまた募集要項をひっぱりだしてきて、urlを確認して受験番号等を入力して、せーので確認します。ネット(電話でも確認できるようです)での確認は、おおむね大学の学部、学科、受験番号が表示されて、合格/不合格といった表示があるだけで、名前は表示されませんので、合格しても「間違ってないよね?」と不安でした。合格関係書類が早いところは当日、多かったのは翌日郵便で配達され、やっと安心できる感じでした。合格発表は、キャンパスでおこなわないという大学もありますので、東大の合格発表のどうあげ風景って珍しいことなんかも。

入試日程がばらけているということは、合格発表の日程もばらけているということです。
それは、入学手続きの期間もバラけているということを意味します。したがって、早く合格発表があるところは早く入学手続き期間も終わるということで、第一志望の合格発表までに締切となる場合があります。第一志望 A校、第二志望 B校、第三志望 C校を受験して、合格発表がC校→B校→A校の順番になると、全部合格しなければ、入学金を2校分用意する必要がでることも日程によってはあります。もちろん、「1校しか入学金いれないわ」ということもありですが、C校だけ合格した場合に、入学手続き期限後にA校の合格発表がある場合に、C校に入学手続きをしておかないと「合格したのに行くところがない!」という事態になります。なので、2校分くらいは、入学金を用意しておくように高校から説明があったな。。。

未来が見えないのが、辛いというのがこの時期。
ラベル:子ども
posted by まっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

大学受験 その2

試験といえば受験票ですが、何校も受験する場合は数が多いので、まっち家では、スタンド型のドキュメントスタンド↓に受験日順にファイルしていました。



わざわざ受験のために買う必要がないのですが、中身が確認しやすいので通帳などの保管に利用しています。
受験票が届くと写真を貼って、受験会場までの地図(募集要項に書いてあります)のコピー、当日の持ち物(学校によっては葉書に書いてあるところもありますが、募集要項にしか書いてない学校もありました。鉛筆の硬度がHBのみとかHでも良いとか書いてあります)をワンセットにして、収納ボックスにいれました。

あー、鉛筆は中学受験の時に勧められた三菱鉛筆のハイユニを使っています。中学以上になると鉛筆の使用頻度は極端に低下しますので、マークシート模試の時のみの使用でしたので大量消費することはありませんでした。1ダースで十分といったところ。
 三菱鉛筆ハイユニ ☆

 三菱鉛筆ハイユニ ☆
価格:1,314円(税込、送料別)



ちなみに、消しゴムは、ぺんてるのアインブラックを好んで使っていました。マークシートのテストの場合は、細かい個所を消すので新調したものを持ち込んでいました。


前日、収納ボックスからひっぱりだして、鞄に入れ時計も鞄の持ち手につけておきました。時計を持ち慣れていないので、当たり前の持ち物が意識の中に定着していなかったりするので鞄につけておれば忘れないだろうという感じでした。最近は、携帯電話が普及しているので教室に時計のない大学が多いようです。

そんなわけで、2月1日からの大学入試が始まった訳です。
ラベル:子ども
posted by まっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

大学受験 その1

1月19日、20日のセンター試験から大学受験がはじまりました。国立大学志望の受験生はもちろん、私立大学もセンター試験利用入試がありますので、ドキドキしながらの受験でした。今年は、ニュースでも取り上げられたように、現国、数TAの問題が難化し波乱の幕開けといった感じでした。
息子は、現国は予定どおり酷く、数TAも下げましたが、別の科目でいつもより点数が取れたので全体の得点率としては、まあまあの出来でした。
センター試験が終わると自己採点した点数と志望大学の判定を予備校にしてもらうための作業が高校でありました。月曜日に出して週末には判定結果を貰ってきていました。予備校の判定を見て、私立の受験校を変えたりもありますので、高校に調査書を請求して出願まで大慌てでした。まっち家は、1校判定が良くないので一般入試を追加しました。息子の出願した私立大学のセンター利用入試は、全部センター試験前に〆きっていましたので、判定で出願が動くことはないのですが、国立大学の場合は、判定を見て出願となるので読みにくいだろうなと思います。
バタバタしながら、2月になり私大入試が始まりました。
ラベル:子ども
posted by まっち at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。