2012年10月15日

受験生の母

3年に一度、受験生の母と呼ばれる時期があるものです。前回は、高校受験と中学受験のダブル受験の時、今回は、大学受験の子どもがいる母です。前回は、1月の終わりから2月の第一週に掛けて駆け抜けていくような感じでした。今回は、1月のセンター試験、2月に私大試験があります。我が家は私立希望なのでこのあたりで良くも悪くも終わりますが、国公立受験になると3月まで長い日々が続きますね。
模擬試験も毎月のように学校と予備校で実施されていて、結果に一喜一憂する日々ですが、判定をみて「うぬ?」という事が。。。私大の試験のシステムが、センター、センター併願、一般の何とか方式と一つの学校(同じ学部・学科ですよ)で何個もチャンスがあるようです。息子は、この何とか方式を間違って書くことがあって、受験科目が足りないので「参考」となって判定が出ていることがありました。ちゃんとした判定が見れなくてもったいなぁ。これって入学願書も間違えやすいという事だよね?
posted by まっち at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。